学びの紹介 2年:続・はじめての心理学実験~学生による体験記~

2019-08-21

社会心理学実験研究法(心理学実験)の授業にて、はじめての心理学実験が7月上旬に行われました。
私たちのグループでは、「援助行動」というテーマで実験を行いました。
実際にどんな実験を行ったのかについて、この授業を受講した 社会・臨床心理学専攻2年の秋山がレポートします。
オープンキャンパスでも使用する建物で心理学実験を行いました

図1 ダーリーとラタネが行った実験の図
図1 ダーリーとラタネが行った実験の図
ダーリーとラタネによる援助行動の実験
その前に、今回の実験の元にした「ダーリーとラタネの実験」について少し紹介します。
誰かが困っているとき、自分以外に他の人もその場にいると「他の人もいるし、自分が助けにいくのはなんか躊躇しちゃうな…」なんてことがあったりしますよね。
ダーリーとラタネは、「”自分以外に他の人(ここでは「傍観者」と呼んでいます)がいる”と認識すると援助がされにくくなる」という仮説を立てて、実際にそうなるのかどうか実験を行いました。

実験内容としては(図1を参照)、
「学生(1人以外全員サクラ)を2人条件・3人条件・6人条件の群にふりわけ、お互いに相手の様子がわからないようインターホンのある個室へ1人ずつ入ってもらい、グループディスカッションを行わせる。その最中、サクラの1人が発作を起こしたときに、学生は援助行動を起こすだろうか。」といったものです(「サクラ」とは、傍観者あるいは犠牲者として実験に参加するよう伝えられている、いわば「仕掛け人」です)。

そしてどんなデータが得られたかというと、2人(傍観者0人)条件では助けた人の割合は85%、3人(傍観者1人)条件で62%、6人(傍観者4人)条件で31%という結果に。
他のデータとも合わせて分析を行ったところ、この3つの条件間の差は誤差ではない、という分析結果が出ました。このことから、”傍観者の存在は援助行動の抑制に影響を及ぼす”ことが、実験によって証明されたのです。
図2 今回私たちが考えた実験場面
図2 今回私たちが考えた実験場面
援助行動の実験を行うまで~仮説と実験計画~
ダーリーとラタネの実験などを参考にしながら、私たちが行った実験の目的や仮説を考えていきます。今回の実験では、ダーリーとラタネの研究の再現をすることを目的に、「傍観者の存在は援助行動の抑制に影響を及ぼすだろう」という仮説を立てました。

また、仮説を検証するための実験計画も同時に練っていきます。
他のグループも創意工夫をしながらテーマに沿った実験計画を立てますが、私たちのグループでは、図2のように傍観者が0人の条件と傍観者が4人の条件の2つに変えたり、実験場面などを大きく変えたりして実験を行おう、ということに決めました。
ハンカチを落とす実験の様子
ハンカチを落とす実験の様子
こうして立てた最終的な実験計画は、
「傍観者0人条件と傍観者4人条件の2つの群にわけられた実験参加者に、ある教室でアンケートに回答して欲しいと頼み、指定のルートで向かわせる。その道中で、タイミングを見計らってサクラがハンカチをわざと落としたとき、実験参加者はハンカチを拾うだろうか?」といった内容になりました。
この実験が実際にちゃんとうまくいくのかどうか、リハーサルで微調整も行っていきます。
実験の説明の様子
実験の説明の様子
はじめての心理学実験
実験開始です。
タイミングが重要な実験なので、グループ内で連携を図っていくことも大切な要素になってきます。最初はてんやわんやでしたが、回数をこなすにつれてスムーズにできるようになっていきました。

今回の実験で特に気を配ったのは場所の誘導です。実験の場所は大学内なので、人通りが少しでもあるとちゃんとしたデータが取れません。なので、完全に人通りのない通路(3階)に誘導するために、書類の入った封筒の受け取りという名目で2階に中間地点を設けたりしました。
また、援助行動に関する実験だということがばれないよう、最初に実験内容を説明するときには「この実験は記憶に関するものです」と偽って、ハンカチを落とす場面をカモフラージュできるようにしました。

実験の行程1つ1つに意味を持たせ、無駄な行程を少なくしていくことも大切ですね。
表1 実験条件ごとの援助行動の有無(N=30)
表1 実験条件ごとの援助行動の有無(N=30)
実験が終わったら、いよいよ採ったデータを統計的に分析していきます。表1は実際の実験でとったデータをクロス集計表としてまとめたものです。見た感じでは、0人条件ではハンカチを拾った人の方が多そうで、4人条件ではハンカチを拾わなかった人の方が多そうですね。 果たして、「この2つの条件での差は、統計的に誤差じゃないですよ」といえるのでしょうか。SPSSという解析ソフトを使って分析していきます。
図3 解析ソフト(SPSS)による分析結果の一部
図3 解析ソフト(SPSS)による分析結果の一部
図3がその分析した結果の一部です。
右の表の有意確率というところを見ると、0.028という数字がありますね。基本的に、心理学ではこの数字が0.05以下であれば、統計的に意味のある結果だったということができます。
よって今回の実験は、「0人条件ではハンカチを拾った人の方が多く、4人条件ではハンカチを拾わなかった人の方が多かった」といえる結果になりました。今回立てた仮説は支持されたといえます!

   *   *   *   *   *

今回、実験計画をはじめて自分たちで立てたのは、いい経験になったと思います。
ダーリーとラタネによる先行研究や実験計画の整合性をとるのは、まだ慣れていないのもあって難しかったです。結構、「実験が予想とは逆の結果だった」「これは仮説を検証するのに必要な行程じゃなかったかも」という声もちらほらと…。他のグループも苦戦していたようですね。
また、心理学実験の授業ではグループでの自主的な活動がメインでした。なので、チームワークや積極性なども必要になります。グループ内でも情報共有を怠らず、1人1人が自主性をもって行動することは、実験を円滑にすすめていく上で非常に大事だと感じました。
2年の後期には社会心理学調査研究法、4年では卒業論文があるので、今回学んだことを活かしていきたいです。

実験法の醍醐味の1つは、綿密な実験準備だと思います。念入りな実験準備を経て実際にデータをとり、分析で想定した結果が出たとき、その面白さを強く感じました。


以上、学生による、はじめての実験体験記でした。
今月はオープンキャンパスもありますね。この記事も参考になれば幸いです。


◆関連記事◆
学びの紹介 2年:続・はじめての心理学実験
検索
2020-10-20:心理
社会・臨床心理学専攻 本田周二准教授が日本心理学会第84回大会企画で日本全国の心理学者にインタビューを実施しました。
2020-08-27:社会
★掲載情報★社会学専攻 牛山美穂准教授のエッセイの後半部分が朝日新聞社WEB「論座」に掲載されました
2020-08-27:社会
★掲載情報★社会学専攻 牛山美穂准教授の『患者は「いい加減」だから薬を飲まないのか?』 が朝日新聞社WEB「論座」...
2020-08-18:社会
★大出春江教授 9/5(土)科研報告シンポジウム オンライン開催のお知らせ★
2020-07-27:学部 注目記事
2020年度第2回オープンキャンパス開催
2020-07-13:学部 注目記事
2020年度第1回オープンキャンパス開催
2020-05-11:学部 注目記事
2020年度前期TEP(Tama English Program)開始
2020-04-15:心理
社会・臨床心理学専攻 入学前の課題提出について
2020-04-15:人間福祉学科 / 福祉
人間福祉学科 入学前の課題提出について
2020-04-09:学部 注目記事
新入学生のみなさんへ
2020-04-06:社会
★社会学専攻新入生★入学前の課題提出について
2020-03-27:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
【速報】第32回社会福祉士・第22回精神保健福祉士国家試験合格発表
2020-03-19:社会
★2019(令和元)年度 社会学専攻「社会調査及び演習」報告書が完成★
2020-02-26:社会
★掲載情報★野辺陽子准教授のコメントが2月17日(月)の朝日新聞(朝刊・23面 西部本社版)に掲載されました
2020-02-15:心理 注目記事
公認心理師科目の読み替えに関するお知らせ(改訂版)
2020-01-24:社会
★2019(令和元)年度 第21回人間関係学会例会 社会学専攻分科会    「社会調査及び演習」報告会開催★
2020-01-18:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
社会福祉学基礎セミナーⅡ(人間福祉学科1年生) グループによる研究発表・ポスター発表
2020-01-14:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
ホームカミング通信127号
2019-12-31:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
ホームカミング通信126号
2019-12-16:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
令和元年度 社会福祉士国家試験に向けた特別講座の実施
2019-12-16:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
2019年度 人間福祉学科実習報告会
2019-12-13:心理
ゼミ紹介 八城ゼミ/堀ゼミ
2019-12-12:心理
ゼミ紹介 本田ゼミ/古田ゼミ
2019-11-28:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
ホームカミング通信125号
2019-11-27:人間福祉学科
令和元年度 社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士学内模擬試験実施
2019-11-11:社会
★2019年度 社会学専攻 卒業論文中間報告会 開催★
2019-11-08:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
ホームカミング通信124号
2019-10-30:社会
★ 社会学専攻 ホームカミング2019 開催★
2019-10-30:人間福祉学科
令和元年度 介護福祉士・社会福祉士全国統一模擬試験第3回目の実施
2019-10-25:人間福祉学科 注目記事
人間福祉学科「ホームカミングディ2019」を開催
2019-10-23:社会
★刊行情報★ 伊藤 美登里 共著『応答する<移動と場所>』
2019-10-21:学部 注目記事
2019年度第5回オープンキャンパス開催
2019-10-18:学部 注目記事
10/19(土)13:00~保護者向け就職講演会/15:00~保護者会を開催します
2019-10-18:社会
★刊行情報★ 牧野 智和 共著『想像力を拓く教育社会学 』
2019-10-15:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
大妻福祉ニュース Vol.21 配布
2019-10-15:社会
★ゼミ紹介★牛山ゼミナール(「社会学セミナー」)
2019-10-11:社会
★野辺 陽子 准教授 「2019年度 日本社会学会奨励賞」受賞★ 
2019-10-08:社会
★野辺 陽子 共著『〈ハイブリッドな親子〉の社会学 』が2019/8/24付 日本経済新聞朝刊に掲載されました★
2019-09-22:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
ホームカミング通信123号
2019-09-19:学部 注目記事
2019年度後期TEP(Tama English Program)開始
2019-09-17:社会
★2019年度 社会学専攻ホームカミングのお知らせ★ 
2019-09-13:人間福祉学科 注目記事
2019年 人間福祉学科ホームカミングディ開催(10月19日・20日・多摩祭同日)
2019-08-28:人間福祉学科 / 福祉 / 介護
ホームカミング通信122号
2019-08-26:学部 注目記事
2019年度第4回オープンキャンパス開催
2019-08-21:心理
学びの紹介 2年:続・はじめての心理学実験~学生による体験記~
2019-08-11:学部 注目記事
2019年度第3回オープンキャンパス開催
2019-08-03:心理
学びの紹介 2年:続・はじめての心理学実験
2019-08-02:心理
学びの紹介 3年:続・日常を心理学する
2019-08-01:学部 注目記事
2019年度第2回オープンキャンパス開催
2019-08-01:人間福祉学科
令和元年度 介護福祉士・社会福祉士全国統一模擬試験の実施
Copyright © 2020 大妻女子大学人間関係学部
〒206-8540 東京都多摩市唐木田2丁目7番地1 TEL:042-372-9111