授業Pick UP!

社会学専攻

タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明
社会
★2019(令和元)年度 社会学専攻「社会調査及び演習」報告書が完成★(2020/03/19)
2019(令和元)年度 社会学専攻「社会調査及び演習」報告書が完成しました。
社会
★ゼミ紹介★牛山ゼミナール(「社会学セミナー」)(2019/10/15)
★ゼミ紹介★牛山ゼミナール(「社会学セミナー」)
社会
★ゼミ紹介★齊藤ゼミナール(「社会学セミナー」)(2019/07/31)
★ゼミ紹介★齊藤ゼミナール(「社会学セミナー」)
社会
★授業紹介★「サブカルチャーの社会学」(2019/07/11)
★授業紹介★「サブカルチャーの社会学」
社会
★2018(平成30)年度 社会学専攻「社会調査及び演習」報告書が完成★(2019/04/05)
2018(平成30)年度 社会学専攻「社会調査及び演習」報告書が完成しました
社会
★2018(平成30)年度 第20回人間関係学会例会社会学専攻分科会    「社会調査及び演習」報告会開催★(2019/01/15)
2018(平成30)年度 第20回大妻女子大学人間関係学会例会 社会学専攻分科会 「社会調査及び演習」報告会が、2018年12月11日(火)16:20~6号館1階6113教室で開催されました。
社会
多摩キャンパスで、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が特別授業を実施(2016/07/04)
社会
社会調査実習 久保田クラス(2013/04/16)
昨年は沖縄でアンケート調査やインタビュー調査を行いました。 集めてきたデータをパソコンで分析しています。 担当:久保田 滋
社会
身体とファッションの社会学(2013/04/16)
どうして私たちはファッションやダイエット、フィットネスなどをして、理想の「私」を演出したいと思うのか、について講義しています。 担当教員:伊藤美登里
社会
荒井ゼミ(2013/04/16)
荒井先生はラテンアメリカ文化の研究者です。大学祭では、毎年「ハイチ・カフェ」を出展しています。 担当教員:荒井芳廣
社会
サブカルチャーの社会学(2013/04/16)
映画やドラマなどの映像資料を使いながら、若者文化やマイノリティーの文化、都市のサブカルチャーについて講義しています。 担当教員:久保田 滋
社会
干川ゼミ(2013/04/16)
三宅島で「イルカと泳ぐ」のが趣味の干川先生。ゼミは先生の研究室でアットホームに行われます。 担当教員:干川剛史
社会
伊藤ゼミ(2013/04/16)
伊藤先生はドイツ社会学の専門家、「遅刻の研究」というユニークなテーマをお持ちです。ゼミでは「恋愛」や「ファッション」などについても扱っており、雰囲気はとても和やかです。 担当教員:伊藤美登里
社会
コンピュータ基礎A(2013/04/16)
情報処理教室でコンピュータを使った実習講義を行っています。社会人として必要不可欠な情報リテラシーの習得を目指します。 担当教員:齊藤 豊
社会
小谷ゼミ(2013/04/16)
小谷ゼミは、他大学との「合同ゼミ」に参加します。去年のテーマは、「花より男子」と「クリスマス」でした。「若者文化」や「ポピュラーカルチャー」について議論しています。 担当教員:小谷 敏
タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明

社会・臨床心理学専攻

タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明
心理
ゼミ紹介 八城ゼミ/堀ゼミ(2019/12/13)
 ゼミ(社会・臨床心理学セミナーⅠ~Ⅳ)とは、大学での学びの集大成である卒業論文を書くために必要な知識やスキルを学ぶ少人数制の授業です。また、ゼミ独自に研究活動や地域連携活動を行っています。
心理
ゼミ紹介 本田ゼミ/古田ゼミ(2019/12/12)
 ゼミ(社会・臨床心理学セミナーⅠ~Ⅳ)とは、大学での学びの集大成である卒業論文を書くために必要な知識やスキルを学ぶ少人数制の授業です。また、ゼミ独自に研究活動や地域連携活動を行っています。
心理
学びの紹介 2年:続・はじめての心理学実験~学生による体験記~(2019/08/21)
この授業は、2年前期の必修科目です。この授業では、心理学研究法のひとつである実験法を用いてデータを収集し、分析することを通して、論理的なものの考え方や科学的レポートの書き方を身につけます。
心理
学びの紹介 2年:続・はじめての心理学実験(2019/08/03)
この授業は、2年前期の必修科目です。この授業では、心理学研究法のひとつである実験法を用いてデータを収集し、分析することを通して、論理的なものの考え方や科学的レポートの書き方を身につけます。
心理
学びの紹介 3年:続・日常を心理学する(2019/08/02)
社会・臨床心理学研究法は社会・臨床心理学専攻3年次の必修科目です(注 2017年度入学生まで:2018年度入学生からは「心理学研究法」と科目名が変わり選択科目になります)。 3年次から少人数制の授業(ゼミ)に所属します。この授業では、日常生活や日々の経験、学びの中で生まれた疑問を研究テーマとして、2年次までに修得した社会・臨床心理学研究法を用いて、ゼミごとに専門的学びを深めていきます。
心理
学びの紹介 1年:心理学との出会い・体験(2019/05/31)
社会・臨床心理学研究法は社会・臨床心理学専攻3年次の必修科目です。 3年次から少人数制の授業(ゼミ)に所属します。この授業では、日常生活や日々の経験、学びの中で生まれた疑問を研究テーマとして、2年次までに修得した社会・臨床心理学研究法を用いて、ゼミごとに専門的学びを深めていきます。
心理
学びの紹介 3年:日常を心理学する(2019/05/30)
社会・臨床心理学研究法は社会・臨床心理学専攻3年次の必修科目です(注 2017年度入学生まで:2018年度入学生からは「心理学研究法」と科目名が変わり選択科目になります)。 3年次から少人数制の授業(ゼミ)に所属します。この授業では、日常生活や日々の経験、学びの中で生まれた疑問を研究テーマとして、2年次までに修得した社会・臨床心理学研究法を用いて、ゼミごとに専門的学びを深めていきます。
心理
学びの紹介 4年:卒業論文で未来を拓く(2019/05/23)
社会・臨床心理学セミナーⅢおよびⅣ(ゼミ)は社会・臨床心理学専攻4年次の必修科目です。 各自で取り組む研究の集大成を卒業論文としてまとめるだけでなく、卒業論文発表会では1~3年生にも分かりやすくプレゼンテーションをして研究成果の魅力を伝えます。
心理
学びの紹介 2年:はじめての心理学実験(2019/05/13)
この授業は、2年前期の必修科目です。この授業では、心理学研究法のひとつである実験法を用いてデータを収集し、分析することを通して、論理的なものの考え方や科学的レポートの書き方を身につけます。
心理
社会・臨床心理学専攻の授業に高校生がやってきた!(2018/06/20)
心理
心理検査法セミナー(2013/04/16)
さまざまな心理検査を実際に施行、体験し、分析・解釈することを通じて学んでいきます。
心理
卒業論文発表会(2013/04/16)
4年間の集大成である卒業研究・卒業論文の成果を、一枚のポスターにまとめて発表します。4年次の1月の下旬に一日かけての発表会で、専任教員全員と2,3年生に次々と個別に説明し、質疑応答して行きます。
心理
社会心理学実験研究法(2013/04/16)
心理学の基本的実験を、学生相互に実験者・被験者となって行ってデータを収集し分析します。本授業では、科学的思考法の実践的訓練から卒論を見据えた発表練習まで行います。 担当教員:向井敦子・堀洋元
心理
基礎統計学 I・II(2013/04/16)
心理学に必要な基本的な統計学について、初歩から丁寧に指導します。 担当教員:八城薫
心理
行動計量学(2013/04/16)
心理統計学の上級編です。調査研究を行う上で多用される分散分析や因子分析を中心に、代表的な統計的分析手法を説明、紹介していく授業です。 担当教員:堀洋元
心理
カウンセリングA(傾聴訓練)(2013/04/16)
カウンセリングを実践する上で、相手の話に耳を傾けることは非常に重要なことです。これを「傾聴」といい、社会人として働く際にも円滑なコミュニケーションを生み出す有効なスキルとなります。演習・実習を通して「あたま」と「からだ」と「こころ」で「傾聴」を理解し、習得することが授業の目的です。 担当教員:古田雅明
心理
社会・臨床心理学セミナー(2013/04/16)
心理療法の一種である箱庭療法を体験し、その技法を理解するとともに、自分自身への理解も深めていきます。 担当教員:西河正行
心理
社会・臨床心理学研究法(2013/04/16)
1グループ4〜5人で、自分たちの研究したいテーマを選んで、グループ研究し、実際の調査とそのデータの分析・考察をし、最終的にはポスター発表にまでこぎつけます。 担当教員:福島哲夫
心理
心理統計学(2013/04/16)
心理学の研究に必須の統計学やデータ分析法を、実際のデータを使って分析する授業です。初歩から丁寧に手ほどきし、理解が進んだら実際にコンピューターを使って分析・解析します。 担当教員:堀洋元
心理
基礎セミナーⅡ(2013/04/16)
この授業では、「心理学における実験とその考え方」と「レポートの書き方」を学びます。物事を客観的、論理的に捉えるための基本的な考え方を理解するとともに、心理学的実験により実証的に検討(仮説の設定、実験の実施、データ分析、結果の考察)を行い、明らかになった問題をレポートの形でまとめていきます。 担当教員:田中優・堀洋元・八城薫
心理
社会・臨床心理学セミナー(2013/04/16)
卒業論文の各自の研究テーマ、研究の経過をゼミ生と先生の前で発表します。この発表をふまえて、複数ゼミ合同の卒論中間発表会、卒論発表会に臨みます。 担当教員:向井敦子
心理
グループワーク(2013/04/16)
グループ・カウンセリングを体験するグループとそれを見守るグループに分かれて、話し合いを進めながら、体験的に学んでいきます。 担当教員:加藤美智子
心理
基礎セミナーⅡ(2013/04/16)
4~5人のグループに分かれて、ディスカッションしながら学びを進めていきます。複数の教員で 同時に担当し、丁寧に質疑応答しながら理解を深めていきます。 担当教員:田中 優
タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明

人間福祉学専攻

タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明
人間福祉学科 / 福祉
保健医療サービス(2013/04/16)
医療機関の中で福祉の相談を受ける医療ソーシャルワーカーの話を中心にすすめる授業です。出産やターミナルケアなど、現在の医療問題も学生と共に考えています。
人間福祉学科 / 福祉
相談援助演習(2013/04/16)
ソーシャルワーカーとしての面接の基本技術を学生どうしのロールプレイを通して学びます。それぞれが事例を持ち寄って、実際にインテーク面接を再現しています。
人間福祉学科 / 福祉
基礎ゼミ(2013/04/16)
これから教養や専門科目を学ぶ上で必要な基本的な知識や技術を少人数で学習します。図書館の利用法や車椅子の使用法、レポートの作成法等を具体的に学びます。
タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明

介護福祉学専攻

タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明
人間福祉学科 / 介護
生活支援技術(2013/04/16)
食事・排泄・着がえなど介護に必要な技術を演習形式で学ぶ授業です。技 術とともに『なぜその援助を行うのか』という根拠も同時に学習します。
人間福祉学科 / 介護
社会福祉学セミナー(2013/04/16)
3 ~4年生では、学生一人ひとりの研究テーマに沿って、少人数制でディスカッションしながら学びを深めていきます。
人間福祉学科 / 介護
川廷ゼミ(2013/04/16)
児童や家庭に対 する支援と児童・ 家庭福祉制度 今日の家庭では、どういう児童問題が発生しているのか、それはなぜ発生するのか具体的に学びます。そして児童虐待等を解決していくための法や制度と共に、子どものためのソーシャルワークを実践的に学習します。
人間福祉学科 / 介護
コミュニケーション技術(2013/04/16)
写真のように、左のてのひらを前向きに広げて、右手の人差し指でてのひらを指し、全体を前に押し出すと「表現」、そのまま上に上げると「有名」という手話になります。人差し指の代わりに親指を使うと「名前」という手話になります。拇印(ぼいん)を押しているところからこのような手話ができました。
人間福祉学科 / 介護
金澤ゼミ(2013/04/16)
ゼミは和気あいあい と和やかに。 この日は脳の模型を使って、障害の理解を深めました。
タイトル 写真 各専攻の授業Pick UP!の説明
Copyright © 2020 大妻女子大学人間関係学部
〒206-8540 東京都多摩市唐木田2丁目7番地1 TEL:042-372-9111