人間福祉学専攻 Major in Social Work

人間福祉学専攻での学び

人間福祉学専攻では、社会福祉学の理論と技術を身につけるだけでなく,実践力のある心豊かな福祉専門家を目指しています。1年次から少人数制のセミナーを設け、福祉実践現場や専門領域を理解することに力を入れています。さらに2年次以降は、社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格取得を中心に据えたカリキュラム編成を行なっています。

また、医療・保健・福祉の連携が重視される中で、多種多様な生活問題に対応し、問題解決できる専門家が求められています。問題解決に必要な情報処理能力や、個々の生活援助から福祉施設運営までを含むマネジメント能力の備わった人材育成を目指しています。

人間福祉学専攻の特徴

人間福祉学専攻では、社会福祉士(国家試験受験資格)養成を中心にして、より専門性を深めた精神保健福祉士(国家試験受験資格)あるいは高等学校教員(福祉科)免許を取得するコースも選択できます。いずれの資格も高い知識と技能が必要なため、3・4年次に福祉施設、行政機関、医療機関、高等学校などでの配属実習を行います。

Copyright © 2020 大妻女子大学人間関係学部
〒206-8540 東京都多摩市唐木田2丁目7番地1 TEL:042-372-9111