人間関係学科社会・臨床心理学専攻

  • 184
  • license
  • 取得できる資格

取得できる資格

社会調査士

社会調査士とは

社会・臨床心理学専攻では、所定の科目を履修すると、卒業時に社会調査士資格を取得できます。
社会調査士は、一般社団法人社会調査協会が認定する資格です。
本専攻での学びを通して、さまざまな職場で役立つアンケート調査の作成・実施のための専門的知識やデータ解析のスキルを修得することができます。

標準カリキュラムとの対応
一般社団法人社会調査協会が定める社会調査士標準カリキュラム(A~G科目)と本専攻の専門教育科目は、以下のように対応しています。

1年次

  • 基礎統計学 I(C科目に対応)
  • 基礎統計学 II(D科目に対応)

2年次

  • 心理学統計法(E科目に対応)※2018年度以降入学生の科目名
  • 社会心理学調査研究法(A及びB科目に対応)
  • 質的データ解析演習(F科目に対応)※2018年度以降入学生の科目名

3年次

  • 社会・臨床心理学研究法(G科目に対応)
資格取得のためのスケジュール
本専攻では4年次の1月に、資格申請のための説明会を申請希望者に対して実施します。
申請希望者は、各自で社会調査士認定申請書を作成し、審査・認定手数料の払込みを行います。
作成された申請書類は3月の卒業時に一括して本専攻から社会調査協会へ送付され、資格認定後、6月頃本人宛に認定証が送付されます。
2018年度卒業生は67名が社会調査士として認定されました。
毎年多くの学生がこの資格を取得しています。
リンク

目指せる資格

公認心理師

公認心理師とは

保健医療、福祉、教育等の分野において、心理学に関する専門的知識・技術を用いて、心理に関する支援を必要とする人たちに対し相談や助言・援助をおこなったり、心の健康に関する知識の普及を図る活動をおこなう専門家です。

注意事項
公認心理師については、所定の科目を修得後、大学院に進学しさらに所定の科目を修得して大学院を修了するか、または大学卒業後に2~3年の定められた実務経験を経ることによって受験資格を取得できます。

臨床心理士(受験資格)

臨床心理士とは

臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。臨床心理士になるには、臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院の修了を基本モデルとする受験資格の取得が必要です。本学大学院は(公財)日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院です。

PageTop