TEP(Tama English Program)

多摩キャンパス 英語教育プログラム
TEP Tama English Program

NEWS 時間割 ELスケジュール TEPスタッフ 学生からの声



TEPの特徴 》
週5日× 45分間のEveryday Lesson
 ※1年次は週5日授業、2年次は週3日授業となります
毎日英語に触れることが英語力向上のポイントです。
教室の外でも笑顔でHello!と言えたらいいですね。

正課の授業(全学共通科目の必修科目)
 ※1年次必修:英語ⅠA,ⅠB,ⅠC,ⅠD 2年次必修:英語ⅡA,ⅡB
卒業に必要な単位を修得する正課の授業です。授業内容はシラバスを確認してください。
しっかり授業に取り組まないと単位の修得ができません。頑張りましょう。

ネイティブスピーカー担任制
先生は英語指導法の有資格者、または授業経験を持つプロの講師です。
担任制なので学期を通してあなたの成長を見守ってくれます。

上達が早いグループレッスン
1クラスは15名前後の少人数制です。先生の目が届くから英語力がレベルアップします。
「英語ⅠA・ⅠB」はListening & Speaking、「英語ⅠC・ⅠD」はReading & Writingが主体となります。

話して学ぶカリキュラム
実際に外国人と話す場面を想定し、ロールプレイ形式で実践演習をします。
コミュニケーションを楽しみながら英語を学んでいきましょう。

English Loungeの活用
講師と学生が自由に会話できる交流の場としてEnglish Loungeを設けます。
授業の空き時間に自由に利用できます。もちろん無料です。
 

  《学生からの声》


尾田 悠莉さん(人間関係学部・社会学専攻3年生)

 正直に言うと、英語には苦手意識を持っていました(特に文法や暗記)。しかし、昨年度から始まったTEPでEnglish Lounge(EL)を利用していくうちに、英語が楽しくなりました。授業の入っていない時間には、可能な限りELに参加しました。TEPの先生方と日常や旅行の話、専門の社会学の話など、何気ない会話から学術的な内容まで、英語でコミュニケーションすることができました。

 徐々に「トライする気持ち」、積極性が自分の中で増してきているのが感じられました。その成果を生かし、昨年の夏にはオーストラリア、シドニーに短期留学しました。英語の勉強だけでなく、現地の保育園でのボランティアやホームステイで、コミュニケーションする楽しみを実感することができました。

 まだまだ、英語力が足りないと感じているので、ELや英語教育研究所のプログラムを通じてさらにステップアップしていきたいです。将来はもっと長期の留学やワーキングホリデイにも参加できたらと考えています。

 TEPやELは、英語が今まで苦手だった人にもお勧めできます。勉強という枠にとらわれないで、楽しみながら英語を学ぶことができます。
Copyright © 2020 大妻女子大学人間関係学部
〒206-8540 東京都多摩市唐木田2丁目7番地1 TEL:042-372-9111